gaia*cafe まごころの種を探しに gaiacafe.exblog.jp

ガイア・カフェへようこそ。 日常の喧騒から離れ,ちょっとだけ位相を変えてみませんか。 2010年11月から、8年ぶりにブログに戻ってきました♪この8年の心の旅を折々、綴ってまいります。


by るりら
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

誰かに似ていませんか。


e0038100_0121753.jpg


風に吹かれながら、美しい棚田の畦道をてくてくてくてく歩くこと20分、田んぼに注がれる水音がなんともここちよく、それだけで幸せな気持ちに。
着いたところは、子宝の寺といわれるチミ・ラカン。500年くらい前に建てられたという小さなお寺でしたが、かわいいお坊さんたちがちょうど昼食のあとで、庭で遊んでいます。
この小さな僧侶にご加持を頂き、私たちも、畦道の脇にある村のレストランへ。
そこのオーナーがこの方。誰かに似ていませんか。
私は、「星野道夫」さんかと思ってしまいました。
ブータンという国は、インドとネパールと中国に囲まれた国だというのに、顔はまるで日本人です。

ブータンの料理は、エマというトウガラシがふんだんに使われていますが、トウガラシというより、どちらかというとしし唐に近いような。とってもおいしくて、辛いものが食べられない私もはまりました。
あまりにもおいしかったので、写真をパチリ。
e0038100_0301713.jpg
食べかけで失礼。

今、ブータンはシーズンオフ。観光で訪れる人も少なくて、静かなブータンの旅です。

e0038100_0332159.jpg
チミ・ラカンの少年僧 袈裟も遊び道具
[PR]
by yukari_ta-ra | 2009-08-29 00:44 |

命の弔い

e0038100_5135584.jpg


ブータンの中を走っていると、民家の近くや見晴らしのいい丘の上に、こんな白い旗がたくさん立っています。
これは、人が亡くなると立てる旗だそうです。
ブータンにはお墓がないのです。

荼毘に付されたあと、遺灰は自然の中に還されます。灰の一部を土に混ぜて、円錐のような形をしていて粘土を焼いたようなツァツァとよばれる、掌に乗るほどの小さな塊を作ります。
ツァツァは、巡礼の道の途中や、寺院のそばなどにそっと置かれています。

命は、その天命を全うすると、新しい命に生まれ変わる。
ブータンの寺院には、六道輪廻の大きな壁画が描かれています。
e0038100_6335499.jpg
プナカ・ゾンの六道輪廻
e0038100_6345784.jpg
パロ・ゾンの六道輪廻


六道輪廻図に描かれているものは、天上界、人間界、畜生界、修羅界、餓鬼界、地獄界です。
このどこの世界に生まれ変わるかは、今生きている日々の心の在り方によると教えます。

輪廻を信じる民たちにとって、今生の自分の名前や存在の痕跡を遺すことは、大したことではないのです。
むしろ大切なのは、今をいかに生き、そして来生を信じること。

そんな教えがあるからでしょう。ブータンの人たちは虫も殺さないのです。ハエや蚊も追い払うだけです。もしかしたらその蠅は誰かの生まれ変わりかもしれません。
山道を登っていた時、一匹の蠅があまりにもしつこくまとわりつくので、手拭いでパンと払ったら、見事に命中してしまい、逆にびっくりしました。日本だったら、叩かれる気配を察した蠅はさっと逃げます。でもブータンの蠅は叩かれることが少ないのでしょう。逃げるということを知らないようでした。

風にパタパタ揺れる白い旗を眺めながら、ブータン人の根底に流れる死生感を感じ、こんなふうに自然に還れることを羨ましく思えたのでした。


e0038100_63626.jpg
パロ・ゾン
[PR]
by yukari_ta-ra | 2009-08-27 07:04 |

瞑想の旅 ブータン

e0038100_22294261.jpg


ブータンに行ってきました。1週間日本を留守にしていたので、帰国するなり、溜まっている仕事に追われましたが、ようやくひと息つきました。

ブータンに憧れて15年。その想いを実現できたこと、まだ夢見ごこちです。

この国がこの時代に存在していること、それは地球にとってかけがえのない財産だと、心から思いました。

写真は棚田です。
ブータンの農作物はすべて無農薬です。生き物をむやみに殺さない仏教国ならではです。

ちょうど今は、雨季。緑が美しかった。
未だ感動冷めやらぬ。少しづつ、想いを書き綴っていきます。
[PR]
by yukari_ta-ra | 2009-08-14 22:41 |

夏休みです

地球交響曲第七番の撮影はすべて無事終了し、いよいよ編集作業、そして来年の公開の準備へはいりますが、このしばしの合間をぬって、もしかしたら将来、撮影に行くかもしれない地を下見に行ってまいります。
戻りは11日なので、それまでたぶんインターネットもつながらないでしょう。
東京はいつになく、夜が涼しく、過ごしやすいので、離れるのがもったいないくらいですが。
標高の高い山へ行きます。どうぞ皆様よい夏休みをお過ごしください。
[PR]
by yukari_ta-ra | 2009-08-04 03:05 |