gaia*cafe まごころの種を探しに gaiacafe.exblog.jp

ガイア・カフェへようこそ。 日常の喧騒から離れ,ちょっとだけ位相を変えてみませんか。 2010年11月から、8年ぶりにブログに戻ってきました♪この8年の心の旅を折々、綴ってまいります。


by るりら
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

イー・ウーマンってご存知でしょうか。
働く女性たちのネットワークなのですが、そのサイトに意見を交換しあうサーベイというフォーラムがあります。1週間、テーマに沿って展開してゆきます。
このサーベイに、はじめてキャスターとして登場することになりました。
テーマは「人生を変える映画」に出会いましたか?
ぜひ、皆様のご意見をお寄せ下さい。お待ちしております。
[PR]
by yukari_ta-ra | 2007-11-25 18:14 | 今日の想い | Comments(0)

新月に想う

8月13日の新月の晩のことでした。

あまりにも星がきれいだったので、みんなで星を見に出かけたところは三原山の裾野です。
星明り以外には何もない森のなかの道を歩きました。

ぐるっと巡って、車のところに戻ってきて、車に乗り込もうとした瞬間、タイヤに足をぶつけ、親指の爪がはがれてしまいました。
しかし、痛みなど感じないほど、あまりにも一瞬のことだったのです。

マムシのエキスやらどじょうの黒焼きを塗り、ホメオパシーのレメディを飲み、結局病院にはいかずに傷口の自然治癒を待つことにしたのですが、それにしてもほとんど怪我らしい怪我など今までしたことがない私は、なぜこんな怪我をしたのか、考えました。
仕事が忙しかったから歩けなくして「休みなさい」という警告なのか、とか、民間療法の威力を知るため、とか考えたのですが、どれも腑に落ちませんでした。

3ヵ月後の11月10日の新月の晩。
また私は大島にいました。
足の爪の答えをみつけたいと思っていました。

そして、その答えがふとわかったのです。
それは
「闇のなかを歩くときは、慎重に、心静かに、注意深く」
でした。

闇とは、暗闇だけではなく、心の闇やあらゆるところに潜む闇です。
そして、闇があるから光があることを知ることも出来る、その闇です。

私の爪を1枚、サクリファイスとして捧げ受け取ったメッセージです。
皆さんは闇、という言葉に、どんなものが心に浮かぶのでしょうか。
[PR]
by yukari_ta-ra | 2007-11-14 22:51 | いのちの環(わ) | Comments(0)

桜の精のささやき

e0038100_235347100.jpg


何かとてつもなく、すてきなことが始まりそうな夜だった。

新月から数えて三日目の三日月の光を浴びた夜。

すてきになんてなってはいけないと思っていた。
美しくなることを怖がっていた。
目立たぬよう目立たぬよう
波風をたてぬよう
ひっそり気づかれぬように生きてきた

でもね、見てごらん、あの神々しい三日月は、誰ぞに遠慮なぞするものか。
今あるこの一瞬をただ美しく輝いているのみ。

美しく美しく
麗しく麗しく
あなたは美しいです。

本当の美だけに生きること。

スーザンのお庭の桜の樹の精のささやきが私にも聞こえました。

久しぶりにスーザンの歌に酔いしれた夜でした。

「桜の樹が教えてくれた~いのちを生きるということ~」スーザン・オズボーン著 11月21日サンマークより発売
[PR]
by yukari_ta-ra | 2007-11-14 00:14 | 今日の想い | Comments(0)
e0038100_448455.jpg
e0038100_449859.jpg
e0038100_449274.jpg


世界平和の日の11月11日11時11分、三原山の裏砂漠から生きとし生ける全ての命の平和を祈りました。
ここ裏砂漠は、空を渡る飛行機のエンジン音が時々聞こえますが、飛行機が通らないときは
し~~~んと静まり返る場所です。
無音の中で聞こえてくるのは、三原山の御神火さまの鼓動。
まるで生まれたての地球のような、このなかに身を置いたら、今ここにいる私は誰なんだろう、今ここにいるのは私ではなく我々なんだ、と宇宙飛行士シュワイカートが宇宙遊泳のときに感じたものと全く同じ気持ちになりました。

かわいいアップの写真はスウィルさんです。
別れ際に教えていただいたのは、フェアリーのさよならのご挨拶の仕方でした。ちょん、と小指と小指を合わせて「またね!」
やっぱりスウィルさんは妖精でした。
いつか皆様も大島に来てくださいね。また企画します。
[PR]
by yukari_ta-ra | 2007-11-13 05:06 | | Comments(0)
伊豆大島で「Consciousness community いのちの環」を始めます。
第1回のお知らせは以下の通りです。


Consciousness community いのちの環 presents
地球の上に生きるシリーズ in伊豆大島
「ワークショップ:森の声に耳をすまそう」

その森は伊豆大島・三原山に向かう旧登山道の途中にあり、そばにはお薬師様のお堂があります。
この森のまわりには、人目にふれることのないたくさんの薬草が生えています。この森に入るだけで、薬草たちの息吹を浴びることができます。体の源から生きる力が沸いてきます。私達の命の源に、森の精霊達が優しく語りかけてきます。
この森の声を聞いてみませんか。
森の声を聞きながら自分のエッセンス(本質)に出会うために、古いものを手放しましょう。
森のガイドは、小池まなさんとスコットランドの花の妖精のようなスウィルさんです。
「私」が「私」を手放したとき、「私」はいのちの環そのものであることを感じることでしょう。
11月10日は新月です。月の力が最もパワフルになる新月は、あなたの夢を叶えてくれます。新月のもと、焚き火を囲み、自分自身の真実の願いをみつめます。
翌11日は「世界平和の日」です。第一次世界大戦を終えた調印の日に、世界中の人たちが「戦うことはもうやめよう」と決めた日です。
11月11日11時11分、御神火を抱く三原山で、平和の祈りを捧げます。

主なスケジュール(天候などにより変更もあり)
11月10日(土)
午前 島内めぐり
昼食 きらく小屋
午後 スウィルのワークショップ
夕食 キリキリ 
   新月の集い 
ウィッシュリストづくり

11月11日(日)
日の出 朝日を浴びて瞑想(自由参加)
11時11分 平和の祈り 三原山山頂 スウィルのターラの歌、踊り
昼食・シェアリング
14時30分 解散

参加費 島外の方 20000円 (送迎、宿泊代、温泉代、食事代、ワーク代、島内移動費全て込み)
島内の方 10日5000円 11日3000円(ワーク代、食事代)
お申し込み・お問い合わせ 小池まな  tel/fax 04992-2-3386
            龍村ゆかり e-mail yukari@gaia.to

Consciousness communityいのちの環は、非営利で伊豆大島を拠点に人と自然がつながるワークを行ってゆきます。

講師プロフィール
スウィル

スコットランド生まれ。アメリカをはじめ世界中で活躍している心理療法家。NLP(神経言語プログラミング)マスタートレーナー。瞑想指導家。ここ数年はアマゾンの熱帯雨林の保護や13グランマザーの活動、難民救済活動も行っている。京都に長年住み、茶道の師範の免許を持っている。
[PR]
by yukari_ta-ra | 2007-11-07 23:27 | | Comments(2)