gaia*cafe まごころの種を探しに gaiacafe.exblog.jp

ガイア・カフェへようこそ。 日常の喧騒から離れ,ちょっとだけ位相を変えてみませんか。 2010年11月から、8年ぶりにブログに戻ってきました♪この8年の心の旅を折々、綴ってまいります。


by るりら
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

gaia*cafe ブログおわりのお知らせ

2009年10月、自分自身の中に起きたトランスフォーメーション、それは青虫がさなぎになって蝶になるかのように、心の中に今まで体験したことのない変革でした。
それは、いったんばらばらになった私自身のDNAをもう一度、寄せ集めて再構成してゆくような感じで、まるで新たな細胞を生み出してゆくような感じです。

胎内に命が宿り、この世に産声を上げるまで十月十日といいますが、まさに十月十日の間は私自身を取り戻す再生のプロセスでした。

この再生のプロセスとシンクロしたのが、日本での13人のグランマザー評議会開催の決定でした。
この13人のグランマザー評議会は、アメリカのNPO聖なる学びのセンターの所長ジョティさんのビジョンによって2004年から始まったものです。
13人のグランマザーのなかに、日系ブラジル人のヒーラー、クララさんがメンバーに入っていますが、私は2006年にクララさんと出会いました。そのときこの国際会議を日本で開催したいというクララさんの夢を聞かせていただき、実は私が23歳のときに受け取ったいたビジョンを一緒だったことから、ぜひお手伝いさせていただきたいと準備を始めました。
その後、グランマザーたちの話し合いにより日本での開催は2011年と決定されました。

2007年より準備を始めたものの、いろいろなことが起こり、私の器では無理だと知り、手を引くことにしました。

2009年7月、日本では46年ぶりの皆既日食がありましたが、このときから流れが大きく変わったように思います。それが奄美大島との出会いでした。
奄美の大地に迎えられた時、この地でグランマザーたちとともに祈りたい、という気持ちになったとたん、2011年開催予定だったはずの日本が2010年に早まったり、様々なミラクルミラクルが起き始めました。
私自身、再生のプロセスに入っていましたら、その急激な変化には戸惑うことばかりでしたが、人知では起こしえないミラクルが起きていることを信じ、もう一度グランマザー国際会議開催を引き受けることにしたのです。

ちょうど私自身の再生が終わったかなと思うタイミングでしたが10月17日に名古屋にてグランマザーたちを迎え、31日にお送りするまでの間、筆舌には尽くしがたい経験となったのです。

奄美大島の、観測史上最悪の集中豪雨による災害とそれに伴う通信回路の断絶、その他次々というほどたくさんの悪条件が重なり、参加を予定されていた皆様には本当に多くの方々にご迷惑をおかけしました。
たくさんのお叱りのお言葉もいただきました。全て反省することばかりです。何度お詫びしてもお詫びし尽くせないほどご迷惑をお掛けしました。
いま、その対応を日々行っておりますが、全てに時間がかかっておりますことお許しいただけたら幸いです。
厳しい中にも、またミラクルもあり、結果的に霧島にての開催続行となりましたが、奄美大島に滞在予定だった21日から30日までの間に何が起きたのか、心の整理がついてそのことを皆さんとシェアできる日がくることを念じております。

今日で、このgaia*cafeは終わりにすることにしました。
今回の13人のグランマザー国際会議のプログラムのなかには「ネイティブスピリットに還る」というテーマを組み込んでいました。
それが私自身の再生プロセスのたどり着いた最初の扉です。この扉を開けたら、もうここには戻れないことを知っています。

今まで読んでくださった皆様、本当にありがとうございます。このブログにその時々感じたことを載せることはとても楽しい作業であり、自分自身をみつめる時間であったことは確かです。皆さまからのコメントにも勇気をいただいてきました。
今、私は新たな扉を開けます。それは自分自身の存在の根源につながることになると確信しています。ありがとうございました。
[PR]
by yukari_ta-ra | 2010-11-07 07:07 | 今日の想い