<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
7世代あとの子供たちのために
今日から50年前の、1959年9月26日、日本に上陸した伊勢湾台風が、治水を考えるきっかけを与え、日本中でダム建設構想が始まったと聞いています。
私が生まれるちょっと前のことなので、その時代がどういう時代だったかは想像がつきます。
伊勢湾台風では、5000人もの人が亡くなったそうです。そのうち、奈良県川上村では、鉄砲水が発生し、40名あまりが亡くなりました。
その時、二度とこんな大災害を起こさないと、治水を人間の力でコントロールしようとしたわけです。
どれだけの美しい村々がダムの底に沈んだことでしょう。
奥多摩の大河内ダムを取材したことがありますが、家がそのまま沈んでいると知ったときには、あまりにも無情なことに思考が停止してしまいました。
でも、移動を余儀なくさせられた人たちも、下流に住む人たちがそれで助かるのなら、自分たちが我慢することで、大災害を繰り返さないのならと、自らを納得させたことでしょう。

それがいつの間にやら、公共工事は利権者のエゴの餌食になってしまった。

もし、温暖化がどんどん進んで、大津波がやってきて、海抜の低い地域が、海に沈んだとき、
「災害から町を守るため、大堤防を作ろう」と思うことは浅はかな知恵であることは最早誰でもわかることでしょう。災害なんて、何が来るのかわからないのです。宇宙から大隕石が落ちてきて、大火事だって起きるかもしれない。隕石落ちてこないように、空に蓋をしますか?

アメリカ先住民のイロコイ連邦の人々のように「自分のエゴのために議論をするのではなく、7世代後の子孫にとって今この選択は、平和、安寧をもたらすのかどうかを見極める」という視点こそ、今最も求められていることでしょう。
50年経っても、いまだ出来上がらないダムなのに、「いまさらやめられない」、と突っ張る人々に、この言葉を送ります。
変えられないことを受容する落着き
変えられることを変える勇気
その二つの違いを見分ける賢さ
(第七番のキーワード、でした)

八ツ場あしたの会
[PR]
by yukari_ta-ra | 2009-09-26 07:03 | 今日の想い
前原、がんばれ!
八ツ場ダムの工事中止にまつわるニュースを目にするたびに、思い出すことがあります。

それは、奈良県川上村の大滝ダムです。
ウイキペディアで見てみたら、なんと「一向に事態が進展しないダム事業の代名詞として『東の八ッ場、西の大滝』という言葉が関係者の間に広まっていった」とありました。

大滝ダムのある川上村は奈良県天川村のお隣で、南朝に大変ゆかりのある地です。
地球交響曲第一番の撮影は、20年前の天河神社のご神事の撮影から始まり、以来、天川村には毎年のように訪れております。
その後、龍村仁のご先祖様が川上村に大変深く関わりのあることがわかり、天河神社同様、川上村にある丹生川上神社上社にも参詣するようになっていました。
その上社が大滝ダムに沈むことになり、お社は、98年に高台に移築、その跡地から、実はこの場所が縄文時代からの重要な祈りの場であったことを示す遺跡が次々と出土、すべてを公にするとそれこそダムを完成させられないほどの重要な遺跡だったのです。考古学的な調査を表向きは終え(たぶん)、いよいよ完成、あとは水をためるだけとなった2002年8月25日、聖地が沈むまえにと有志達によるご祭神の鎮魂のお祭りが執り行われました。
世界各地からの聖水が集められ、ご祭神である龍神様にご奉納、水の神事、土の神事、火の神事と奉納演奏、キャンドルライトなど夜遅くまで鎮魂の祈りは続きました。その神事のとき、私は白い龍が川から天に向かって立ち上る姿を見たような気がしたのです。ここの龍神様は白竜なのだと、そのとき気づきました。

村を挙げての猛烈な反対運動を押し切り、個人交渉の果ていよいよダムが完成、2003年には水が入りはじめたのですが、その直後、(ウイキペディアによると4月25日)補償金をもらって高台に移築した民家の壁に亀裂がみつかり、それも1軒だけではなく何軒も!
その上、ダムにも亀裂がみつかり、水入れは中止。あれから6年経った今も、水はありません。
未だ原因は究明できず、(地盤のせいらしいですが、そんなことはすでに調査済みで着工したわけでしょうし)、もうこのダムに水がたまる日はないだろうとのこと。3210億円もの事業費をかけて得たものはなんだったのでしょうか。

今年も夫はひとり、丹生川上神社をお参りしてました。山奥の、参詣者も少ないこの神社の宮司様は、ひたすらご祭神にお仕えする日々だそうです。その話を聞かされ、私も頭が下がる思いでした。

だから、何が何でもダムを作れとマスコミに向かって叫ぶ利権者を見るたびに、「前原、がんばれ!龍神がついている!」と心の中で応援している今日この頃です。
[PR]
by yukari_ta-ra | 2009-09-25 05:26 | 今日の想い
電気のない暮らし
ブータンには、電気のない暮らしがまだあり、農家に宿泊させていただけるということで、この旅で最も楽しみにしていたのが、ファームスティでした。案内されたのはティンプーから車で5時間くらいの、ポプジカという場所です。
ポプジカには、世界に5000羽しかいないといわれるオグロヅルが、越冬のためにチベットからヒマラヤを越えて、飛来してきます。
村の人たちは、オグロヅルが電線にひっかかったり、夜が明るくなってオグロヅルの邪魔になることを心配して、あえて電気のない暮らしを選んでいます。

家のまわりには、薪がたくさん積んでありました。料理は、カマドとガスコンロと薪ストーブの併用です。
お風呂は、山からの湧水をひき、木の湯船によく焼いた石を入れるドッツオと呼ばれるものです。
これがサイコーに気持ちいいのです。水はきれいだし、湯加減がちょうど良くて。
外で男の人が石を焼き、小さな小窓から、そっと入れてくれます。湯船にはレモングラスのようなハーブが入っていました。小窓からチラチラと赤い炎が見え、ろうそくの灯りで湯船に浸かっていると、とてつもなく至福感が襲ってきました。

ブータン政府が各家庭に、小さなソーラーパネルを1枚屋根の上につけてくれたおかげで、家の中には小さな裸電球がついています。山奥のポプジカでも携帯電話は使えます。きっと携帯電話の充電もソーラーで行っていることでしょう。

標高が3000メートルくらいのポプジカの朝は遅く、みんなそんなに早起きではありません。
この地は、じゃがいもの生産地でもあり、インドや近隣諸国に出荷しているそうです。ブータンの若い人たちは皆、英語を話します。学校では英語で授業することがメインなのです。なので、コミュニケーションもそんなに大変ではありません。かつては外国人の入国を制限し、また今でも民族衣装を着ることを法で定め、伝統文化を重んじるとともに、言語は開かれたものである、というこのあり方が、この国が今、世界から注目される所以の一つなのかもしれません。

電気のない暮らし、結局自然に寄り添った暮らしであれば、不便さは感じないのですね。電気がないと不便に感じるのは、自然からかけ離れている暮らしをしている証なのだと再認識しました。
そして、貧しいから電気がないのではなく、生きとし生ける命の調和のために、利便さは追及しないブータン人の精神性に、心から感動しました。
e0038100_23175213.jpg
民家の一部がゲストハウスになっています。
e0038100_23181759.jpg
ポプジカの村
[PR]
by yukari_ta-ra | 2009-09-24 00:02 |
六道輪廻
この1か月、片時も頭から離れないのが、「六道輪廻図」のことです。
Be-IN TOKYOに出店した日、ゲストで来ていた「チベットチベット」のキム・スンヨン監督と再会、ブータンで見た六道輪廻のことを話したら、なんとキムさんも六道輪廻のことを5年前からずうと思い続けていたとのこと。そこで興味深い話になったのですが、時間切れ。
余計、気になってしまっていたところ、またまた「聖地チベットを考える」勉強会で、ばったり!
「この間の続き、話したい!」と言ったら、キムさんも話したかったようで、六道輪廻で大いに盛り上がりました。
六道輪廻は、天上界、人間界、餓鬼界、地獄界、畜生界、阿修羅界の6つで描かれているわけですが、
ブータン人のタシさんに「今度生まれ変わるとしたら、どこに生まれたいですか」と聞かれ、とっさに「天上界」と答えたところ、「私は、人間界です」と言われたことから、えええ?なんで人間界なの?と疑問に思ったところから、六道輪廻をちゃんと知りたいと思ったわけです。
そのことをキム監督に話すと、「僕も同じ」というではありませんか。
で、5年も考え続けて得たことを図説で教えてくれました。
答えはとってもシンプルです。
まず天上界。ここは、雲の上で地に足がついてなく、楽器を鳴らすなど楽しいばかりで、正常な判断ができないところなのだそうです。浮かれている状態ということでしょうか。
人間界。描かれている絵は、農耕をしたり、寺小屋で勉強したり大家族でお互いを助け合いながら暮らしていて、正常な判断ができるところです。
餓鬼界。心も体も満たされることなくいつも餓えていて、正常な判断ができないところ。
地獄界。苦しみに捕らえられて、やっぱり正常な判断ができないところ。
畜生界。毎日の生活におわれ、本能で生きることのみに精いっぱいで心に余裕がなく、未来に対して良かれと想像することもできない。
阿修羅界。戦いや怒りに明け暮れる日々で正常な判断ができない。

そして、人の心はこの6つのどこかに必ずある、というのです。
さらに、六道輪廻の真ん中に書かれている絵は、蛇と豚と鶏なのですが、豚は無智(おろかさ)、鳥は貪欲(むさぼり)、蛇は冷徹(いかり)のメタファーで、特にチベット仏教ではおろかさがむさぼりといかりを生み出し、煩悩の根源であるということをこの中心に表しているそうです。
他にも、六道輪廻をガラリとまわす鬼は、時間を操る虚無だということ。
ますます、奥深いです。でもちょっと気持ちはすっきり。
ブータンの人々は、小さい頃からこの絵の意味を聞かされていることでしょう。
今度また行くことができたら、じっくり聞いてみたいものです。
[PR]
by yukari_ta-ra | 2009-09-23 02:07 | 今日の想い
ディープな毎日
この1か月、ものすごくディープな日々を送っております。
あまりにもディープすぎて、書けないことばっかりです。

私は、昔から良く、社会的な事件に遭遇、目撃することが多く、かなりレアな体験もありますが、自分でもどうしてそういうことが起きるのかよくわかりません。

今月のレアな体験でどうでもいいことといえば、酒井法子さん。あんまりゴシップは見ないのに、向こうから情報が入ってきてしまいます。
公園で娘と遊んでいたら、テレビ朝日と名乗る人が近づいてきて、「この公園で変なガイジンがいたのを見たことありませんか」と聞くので、「ないですし、滅多にここにはきませんし」と答えると、「あそこが酒井法子のマンションで、この公園のトイレで旦那が、うんぬんかんぬん」と聞かされ、あらま、とびっくり。その日、家に帰ると今度は、酒井法子さんの旦那さんのお父さんが経営しているというショップからお詫びの手紙が。それで初めてまたいろいろなことを知らされたわけで。
私の今、最も注目している奄美大島が、またそのニュースでフォーカスされてしまったことがとても残念。

それから、抗がん剤は、実は毒ガスを開発中に偶然浴びてしまった人のガンが消えたことで、発見されたとか。だから抗がん剤は、毒ガスを転じたものだから、効かないことのほうが多いとか。
でも製薬会社は、開発にすごくお金をかけているから効かなくても、やめるにやめられないとか。
そういうことを研究している当事者から知らされると、信憑性が増します。

私には、どうも媒介者のような、役目があるのかなと思うこともあります。
自分の目で見たこと、聞いたことを伝えるというのか、はたまたそれで心眼を肥やすためなのかは、何とも言えないのですが。

昨年はスピリチュアルなことで、大変大きな学びをさせられたので、その学びを忘れないように、今年はいろいろなことが起きるのかしら。
その学びとは、動機が適っているかいないか、それを問われ続けるものです。

ゴシップ的なことはどうでもいいことだけど、大切なことはやっぱり伝えないといけません。
と、わけのわからぬ反省をする日々です。
[PR]
by yukari_ta-ra | 2009-09-21 23:54 | 今日の想い
BE-IN TOKYO2009 出店します!
突然ですが、9月6日、東京・明治公園で行われるBE-IN TOKYO2009に、出店することにしました。

アースディとかにも出店したことはないのですが、とてもひかれるものがあって初めての出店です。
ご興味ある方はぜひ遊びに来て下さい。お手伝いいただける方も募集します。ご興味ある方はメールださいね。
明日一日で準備しなくてはなりません。それも手伝ってくださる方があればうれしいです。
yukari@gaia.to
[PR]
by yukari_ta-ra | 2009-09-04 18:13 | 今日の想い



ガイア・カフェへようこそ。日常の喧騒から離れ,ちょっとだけ位相を変えてみませんか。     コメントはスパム対策で承認制ですがお待ちしています!twitterはじめました。 twitter名は、yukaritatsumuraです。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
おすすめサイト
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
13 人のグランマザー国..
from 13 grandmothers
13人のグランマザー国際..
from 13 grandmothers
13 人のグランマザー国..
from 13 grandmothers
オバマさんへ
from 静かな裏庭
パタゴニア M'S,W'..
from 新潟市にパタゴニアの専門店が..
ライフログ
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧